雑貨屋さんはブログから!!

著者:ひだまり
ひだまりが雑貨屋さんをしたいとおもったわけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは、ひだまりです。 

私は小さい頃に祖母から、

「あなたは絵が上手だからデザイナーになるといいよ」といわれました。

素直な私は、その言葉を信じて東京の美術系の短大に進みました。

東京に出てきてからは嬉しくて!楽しくて!
原宿の小さな雑貨屋さんとか、
吉祥寺とか、自由が丘とか、
雑誌に載っていた雑貨屋さんをたくさん巡りました。

雑誌に載っているお店が目の前にあることのドキドキ!!
軽井沢にいた時とはまた違った感情でした。

ただ祖母が言った「絵が上手」はどうやら違っていたみたいで、
学校でデザインとかデッサンの勉強をしてみると、
特別、デッザンの成績が良かったわけでもなく。。
センスが良かったわけでもなく。。
振り返ってよく考えてみると

自分の孫が可愛い祖母が「うちの孫はすごい」と思う
よくある気持ちを口に出しただけだったと気がつくわけです^^

景気の悪い時だったので、短大を卒業してから
何社も面接して不採用になり、なんとか合格したのは
小さなデザイン事務所でした

そのデザイン事務所で
流行はオピニオンリーダーが作っていること
「横尾忠則」でさえアメリカのデザイナーの真似なんだから、
真似をしてもいい!そこから自分らしさを作っていきなさい。
など、素晴らしい言葉を聞きました。

25歳で独立して30歳で短大時代の友人と事務所を作り
それから楽しい楽しい6年間!それが「days」の始まりです。
結婚や出産があって続けることができなくなった仲間もいて、
事務所は私が名前を引き継いだのですが、

30年以上デザイナーをしていて、
好きな仕事をしていられることのありがたさの中で、
デザインしたものを直接人に渡したい!
渡した人から「ありがとう」と直接言われるような、
仕事をしたい!と思うようになっていました。

子育てもひと段落した頃に、
デザインの仕事をしながら、
雑貨の紹介をするブログを書き始めました。

雑貨は好きでしたが、
雑貨屋をするには自信がなかったので、
ブログに書いて雑貨が好きな人と交流してみたかったのです。

それがとっても勉強になったと思います。

世の中にどんな雑貨があるのか?
どんな雑貨が人気があるか?
人気のある雑貨と、自分の好きなものに差があることなど。
いろいろなことが見えてきました。

そのブログを3年くらい続けました。
*写真はその時に紹介していた、「ちょっと面白い雑貨」たちです。

それから。。。。は、また。次の記事に!

 

 

 

コメント・ご要望・お問い合わせなど、どうぞお気軽に
  お寄せください。^^   クリック ↓↓↓

otoiawase2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket