クロスステッチ素材で作る、思わずキュンとしちゃう初心者さま向け保存版チラシ!

著者:堀野 まり
M&M 使用例の作り方ハウツー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
クロスステッチ新作チラシ

1 こちらのコラージュで使用している素材は、下の画像からM&Mコレクション素材ページにリンクしていますので、全てダウンロードでご用意いただけます。

M&M コレクションのA4サイズのパターン素材(印刷対応高解像度)を使って、上のようなチラシを作成します。 Adobe Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)を使用しながら、下記にピックアップした素材を使って、どんな手順で制作するかをご紹介いたします。

まず、素材を用意しましょう。
直接販売ページにリンクしていますので、すぐお手元にダウンロードできます。

また、すべてセットになった状態のフォトショップ形式のチラシファイルもございます。
M&M イベント テンプレート クロスステッチ

 

 

こちらのクロスステッチのチラシは、この春新作のパターン素材を使用しています。カラーバリエーションも豊富で12パターンあり、簡単に差し替えることができます。また、ご自身の写真を入れる箇所が2カ所で入れ方も簡単ですので、初心者さま向きのチラシです。
ベースの生地のリネンの風合いや、刺繍のぷっくり感がかわいいですね。

2 ベースになる素材を開き、サイズを調整します。

 cross-stitch_1

フォトショップ・エレメンツで、ベースになる素材「クロスステッチa 48クロスステッチボックス グリーン×ライトベージュ×ホワイト」を開きます。

今回はブログに配置できるサイズに調整したいと思います。「クロスステッチa 48クロスステッチボックス グリーン×ライトベージュ×ホワイト」素材を選択後、「ファイル」 →「サイズ変更」→「画像解像度」を開き、「画像の再サンプル」にチェックが入っていることを確認してから、「ピクセル数」の「幅」を 600px(またはお好みの幅)にします。クロスステッチのレイヤーの名前を「ベース」と書き換えておきましょう。

 

3 重なりの下にある画像で、配置の核になるものから入れていきます。

 Print

チラシやコラージュをフォトショップで作る場合、レイヤーの位置が重要になります。
下に見えるものから順に配置していくことで、レイヤーを移動しなくてもすむようにします。
サンプルのチラシでは、一番下にある横長のお花の刺繍を配置しましょう。

「クロスステッチa 71フラワー刺しゅう 横」画像を開きます。開いた素材が選択されていることを確認してから、上部メニューの「選択範囲」→「全てを選択」します。

次に「編集」 →「コピー」でお花の刺繍をコピーします。「ベース」レイヤーを選択し、上部メニューの「編集」 →「ペースト」でお花の刺繍をクロスステッチのベースに貼付けます。移動ツールに切り替え、見本のような位置に移動します。お花の刺繍のレイヤーの名前を「お花刺繍_横長」と書き換えておきましょう。

 

4 上部のタイトルと文章を挿入することで、中央の自由にレイアウトできるスペースを把握します。

 cross-stitch_3

レイアウトする時、上から順番に作って行きがちですが、そのような作り方をすると最終的に下の部分が入らない〜、ということに往々にしてなります。はじめに外せない必ず必要な情報を入れることで、逆に自由に組めるスペースの分量を把握するようにしましょう。

今回は上のタイトルとリード文章を入れて、真ん中のスペースの分量を見てみます。「メッセージ文字セット ブラウン」画像の中から「cross_stitch_a_69」(Bonjour)を開きます。先ほどと同じ要領で画像をクロスステッチの「ベース」にペースト(貼付け)します。
移動ツールに切り替え、見本のような位置に移動します。「Bonjour」のレイヤーの名前を「Bonjour」と書き換えておきましょう。

次に文章を入れます。入れる文章はあらかじめパソコンに標準で入っているメモ帳(Macはテキストエディット)に用意しておきます。文章をコピーします。

フォトショップ・エレメンツに戻り、「T」のアイコンの文字ツールを選択。横書き文字ツールをクリックしてから「フォントの種類」「フォントサイズ」「カラー」「行揃え(今回は「テキストの中央揃え」)」を設定していきます。「アンチエイリアス」もチェック(文字がきれいに見えます)しておきましょう。

クロスステッチの「ベース」上で、「Bonjour」下の真ん中あたりを文字ツールでクリックし、コピーしておいた文章をペーストします。 一旦確定するためにenterキーを押します。
移動ツールが選択されるの、「T」のアイコンの文字ツールを選択しなおします。
あとは、文字サイズの調整やカラーの調整、文章の改行箇所などをチェックします。OKでしたら、確定ボタン(グリーンのチェックボタンをクリックして確定しましょう。
真ん中の空間やその周りが、自由にレイアウトできるスペースとなります。

 

5 メインになる2枚の写真を配置します。

cross-stitch_4

中心に配置する2枚の写真の位置を決めます。
まずはじめに上の写真を配置しましょう。先ほどと同じ要領で画像をコピー&ペーストで配置し、移動ツールで位置を決めます。
次に写真の下に新規レイヤーを作り「写真下白ベース1」と名前を付けます。長方形選択ツールで、写真の周りの白ふちの大きさに選択範囲を作ります。描画色を白にし、塗りつぶしツールで白色にぬりつぶしましょう。写真の白枠の幅が均一になるよう、キーボードの矢印キーで微調整します。

写真の白ふちに影をつけます。「写真下白ベース1」レイヤーを選択し、上部メニューの「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「スタイル設定」で「ドロップシャドウ」を選択します。「角度0、不透明度30〜40%」に設定し、サイズを調整します。

次に下の写真を配置します。「写真下白ベース1」を選択し、選択したレイヤーの上で右クリックし「レイヤーを複製」します。「写真下白ベース2」と名前を書き換え、「写真下白ベース1」の下にレイヤーを移動します。
「写真下白ベース2」の上に2枚目の下の写真を配置します。上の写真と同じような白ふちの幅になるよう画像を調整します。この時、写真は横幅を基準に上下合わせましょう。見本では下の写真の方が高さが大きいのですが、こんな場合は白ベースの方を移動ツールで長く調整します。

 

6 刺繍枠の位置を決め、情報を入力します。

 cross-stitch_5

「アンティーク刺繍枠」画像を先ほどと同じ要領でコピー&ペーストします。配置したアンティーク刺繍枠を移動ツールで、2枚の写真に少し重なり、また若干チラシからはみ出るような位置に決めます。

次に刺繍枠の内側に配置する生地をコピーします。一番下の「ベース」レイヤーを選択し、楕円形ツールで画像の内側のナチュラルな生地の左上をクリック、シフトキーを押しながら右下にマウスを引っぱり、刺繍枠くらいの大きさの正円の選択範囲を作ります。そのまま「編集」 →「コピー」で「ベース」の中心の生地の部分をコピーします。刺繍枠の下にコピーした生地をペーストし、刺繍枠にきれいに隠れるよう調整します。
刺繍枠レイヤーを選択し、ドロップシャドウを設定します。

次に「クロスステッチa 72フラワー刺しゅう リース」画像を先ほどと同じ要領でコピー&ペーストし、刺繍枠の上に配置して位置調整をします。「クロスステッチa 72フラワー刺しゅう リース」の内側に場所や開催時間などの情報を入力します(今回は「テキストの中央揃え」)。

 

7 いろんなアイテムで可愛く装飾していきます。

装飾① 「Bonjour」の文字の横に刺繍のお花を飾ります。
「クロスステッチa 71お花刺繍 横」レイヤーを複製し、「Bonjour」の文字の上の空きスペースに移動します。飾りたいお花以外は選択範囲で選択してデリート(消去)します。残ったお花を投げなわツールで選択し、コントロールキー(Macはコマンドキー)を押しながら動かして位置調整します。
お花の重なりを出したい場合は、レイヤーに分けて管理するといいでしょう。レイヤーを分けるには、選択範囲でお花を選択し、「編集」→「カット」してから「編集」→「ペースト」します。 

cross-stitch_6

 

装飾② 刺繍枠の下に「バラと赤い実に囲まれたティーポット」を配置し、ドロップシャドウをかけます。

cross-stitch_7

 

装飾③ メインの2枚の写真の角を待ち針で留めたようにみせます。
「アンティーク待ち針の刺したもの」画像をそのまま配置するだけで、待ち針を写真に刺したように見せることができます。

cross-stitch_8

 

装飾④ 左上のコーナーに、刺繍糸やハサミ、待ち針などのお道具を配置して全体のイメージをさらに可愛らしくします。
それぞれの画像を先ほどと同じ要領でコピー&ペーストし、左上のコーナーに配置して位置調整をします。また、そのままでは印象が強すぎる画像は不透明度(レイヤーパレットの右上)をかけます。見本では「刺繍糸」不透明度90%、「ハサミ」不透明度66%、「待ち針セット」不透明度80%です。 刺繍糸、待ち針集合、待ち針単品にはドロップシャドウもかけましょう。

cross-stitch_9

 

8 ベースを変えてみると雰囲気も変わる!

一番下にある「ベース」レイヤーの「目」を非表示にし、違うクロスステッチデーターを入れてみました。今回は同じタイプの色違いを配置してみましたが、色が変わると雰囲気も全く別!
季節を問わずお使いいただけますね。

 Print

 

 

Print

完成!

上記チラシは、すべてセットになった状態のフォトショップ形式のチラシファイルもございます。
M&M イベント テンプレート クロスステッチ

 

◇ M&M Collectionの新着情報や、楽しいお知らせが届きます。

M&Mメルマガ登録バナー

とっておきの素材たち

 

お申し込み受付中の講座一覧

 

テクニックを学ぶための講座&レッスンのご案内

このようなコラージュ加工は、Photoshop(フォトショップ )や、Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)などの画像編集ソフトで簡単に行えます。

また、M&M コレクションの素材を利用してのコラージュの作り方レッスン「コラージュ 2Day レッスン」もございます (コラージュ素材をたくさんお持ち帰 りいただけます)。

さらに素材から作れるようになりたい! デザインに興味がある! という方は、「イラストレーター基礎〜初級」をご受講ください。

数に限りはありますが、PC(Windows)の貸出しサービスもございます。

使用例のようなコラージュ制作を身につけるための、おすすめ講座

■ フォトショップ・エレメンツによる写真加工レッスン(基礎〜初級まで)
■ コラージュ 2Day レッスン
■ イラストレーター基礎〜初級コース
■ フォトショップ CC 基礎〜初級コース

■ PC 貸出お申込み
■お問い合わせ(疑問点など、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*