私の住む村 2

著者:木蓮
素朴な疑問! フランスの田舎暮らし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
田舎の朝焼け1

『フランス 小さな村を旅してみよう!』の木蓮です。

さて、時間が経ってしまいましたが先日の続き。

私の部屋の窓からは、時々美しい朝焼けが見えます。

夕陽は逆になるので、娘の部屋のほうが綺麗なのですが、朝一番にこの美しい朝焼けを見ることができると、1日やる気になる私。

 

太陽の角度、天気、気温、雲の状態などによって、色が変わりますが、どの季節に見ても、この朝の時間は本当に神秘的。

カフェオレを持って、少し広い出窓の上に乗り、窓の外を眺めます。

 

田舎の朝焼け2

 

この景色を見るたび、『自然の中にいるんだな~』と、いつも感じます。

それにしても、自然の放つ色彩はどこまでも幻想的で、思わず絵の具をこぼしたくなるほど。

こういう色彩は、やはり自然に勝るものはないな~といつも感じるわけです。

 

田舎の朝焼け3

 

 

みなさんは、どの色味が一番お好きですか?

フランスは、『夕焼けが、真っ赤に燃えるような色をしていたら、次の日は強風が吹く』と言われています。(私の住む地方だけかもしれませんが)

そのため、みんな必ず空を見上げているのです。

また、植物を植える際、『月暦』を大切にしていて、どこのガーデニングショップに行っても、月暦が売っているほど。

こうやって、自然と共に生きる暮らしをしていると、なかなか人が多い生活に戻れなくなっているんですけどね。

 

田舎の朝焼け4

 

 さて、次回はその田舎の放牧の様子をお見せしたいと思います。

牛、羊、山羊、いろいろいます。

山の中でのびのびと育つ動物たちの様子も、また面白いものです。

ということで、最後は夕焼け。

 

田舎の夕焼け

 

 こうして見てみると、あまり違いがわからなかったりしますけど……。

それは、次回!

 

 

 

◇フランスの写真を販売して欲しいという声にお応えして、M&Mにて、写真素材を提供販売しています。

フランスのブロカントの様子やフロマージュ、ぶどう畑などフランス商材を扱われている方にぴったりな写真を徐々に増やしていきますので、

ご興味のある方は、一度ご覧になってみてくださいね!

↓↓↓

木蓮の写真コーナー

 

 

 

◇ M&M Collectionの新着情報や、楽しいお知らせが届きます。

◇ コメント・ご要望・お問い合わせなど、どうぞお気軽に
  お寄せください。^^   クリック ↓↓↓

MMマーケ用コラムバナー1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket