読みやすいブログとは?

著者:木蓮
もっとわたしのブログを見てほしい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは!木蓮です。

 

今日は少し、『読みやすいブログ』について、考えてみたいと思います。

みなさんが、ブログを書き始めるきっかけはどんなことでしたか?

 

*自分のお店や主催している教室やイベントの宣伝のため。

*ビジネスの本を読んだり、勉強会に出席したら、「やったほうがいい。」と言われた。

*自分の趣味でやってることを書いてみたかった。

*誰かのブログに共感して、私もやってみたいと思った。

 

などなど、いろんな理由がありますよね。

 

例えば下の2つの理由の場合、それほど気にしなくてもいいかもしれませんが、商用として考える場合、「読みやすさ」は重要なポイントとなります。

 

ブログをもっと見て欲しい1

 

まずは、読み手を想像する。

 前回にお話しした通り、『自分のブログを読んで欲しい』、もっと突っ込んだ言い方をすれば、『自分のお店や教室に来て欲しい』読者さんを想像することは大切なことです。

その読者さんたちの年齢によって、興味の持つ話は違いますし、話し方も違います。

ブログを書かれている方なら、みなさん経験があると思いますが、思いがけず呟いてしまった昔のテレビの話やその頃流行ったものの話は、意外に盛り上がるもの。

そういった連帯感から、そのブログに親近感を持ってくれることが多々あります。

いつもいつも固い話や難しい話ばかり読むことは、正直難しい。

 

だからこそ、時々ふとした日常の話を書かれたり、昔話を書かれているブログは多いですよね。

難しい言葉を並べない。

 意気込んで書こうとすると、ついつい自分の知っている知識を書き連ねようとしてしまいます。

時にはその必要もありますが、その世界に初めて触れる方には難しい言葉がたくさんありますよね。

 

特に、一番伝えたいこと。

一番聞いて欲しいことこそ、出来るだけ簡単な言葉で書くことが必要です。

もちろん、同じ世界でプロの方に指導する場合はその業界でしか使わない用語を多用する必要があるかもしれませんが、読者さんにとっては、わからない言葉で説明されるより、やはりわかりやすい言葉のほうが自然と目にしやすい、耳にしやすいものです。

本当に大切なことを伝えたい時には、第3者の方に記事を読んでもらうことも大切です。

結論をしっかり書く。

 思いつくままに文章を書いていると、『この講座を勉強したら、どんな風になるのか』、『お店に訪れたら、どんなお得なものが手に入るのか』、

書いているようで書いていないことが多々あります。

紹介したいものが多く、言いたいことが多すぎると、結論を書くことを忘れがちです。

 

外国での書類のやり取りは、『まず結論から書く』というのが鉄板ですが、日本の書類は、まず時候の挨拶からはじまり、日頃のお礼を述べ……というパターンが多いですよね。

そのため、せっかく丁寧に書いているブログなのに、一番伝えたいことが最初に『パン!』と目に入ってこないことがあります。

みなさんがついつい行きたくなるイベントや教室の告知。

一度じっくりご覧になってみてください。

本文にあった写真をチョイスする。

文章だけでなく、もちろん写真も大切。

伝えたいことのほとんどを写真の中にこめることだって出来ます。

綺麗な写真を撮るだけでなく、『伝えたい写真』を撮ることはとても大切です。

そんな数々のテクニックを学ぶことが出来るM&Mさんの講座。 

現在募集中の講座もぜひのぞいてみてください。

 

top_lessons-session2

 

 

 

◇フランスの写真を販売して欲しいという声にお応えして、M&M Collection にて、写真素材を提供販売しています。

フランスのブロカントの様子やフロマージュ、ぶどう畑などフランス商材を扱われている方にぴったりな写真を徐々に増やしていきますので、

ご興味のある方は、一度ご覧になってみてくださいね!

↓↓↓

木蓮の写真コーナー

 

 

 

◇ M&M Collectionの新着情報や、楽しいお知らせが届きます。

◇ コメント・ご要望・お問い合わせなど、どうぞお気軽に
  お寄せください。^^   クリック ↓↓↓

MMマーケ用コラムバナー1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket