フランス人の嫌いなもの、好きなもの。(食事編)

著者:木蓮
ちょっとのぞいてみたい! フランス人の暮らし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
テーブルセッティング1

『フランス 小さな村を旅してみよう!』の木蓮です。

 今日は、フランス人の好きなもの、嫌いなものを話してみようと思います。

もちろん、私の周りにいるフランス人調べですので、もっと多くのフランス人達から話を聞くと、若干ずれるかもしれません。

ですが、日仏カップルに話を聞くと、みんな似たようなものだよねと話しになります。

 

我が夫が初めて日本に来た時。

いろんな場所を旅行しました。

その際、日本の屋台や鉄板焼き、小鉢料理などいろいろ体験させてみました。

 

そこで、一番嫌がったもの。

一体なんだと思いますか?

 

 

それは!!

餡子。

 

とにかく、『豆が甘い』のが許せないのだそうです。

うちの夫は、基本的に何でも嫌がらず食べるのですが、餡子だけは食べられませんでした。

 

続いて苦手なのは、お餅

ってことで、ぜんざいを作った時、家族全員の口がひん曲がっていました。

そして、誰一人として食べなかったのは言うまでもありません。

 

ぜんざい

 

 

ちなみに、お雑煮も大不評。

出汁だけは喜んで飲んでくれるのですが、お餅が嫌なようです。

 

 

ところがです。

 

ある日、私がフライパンでお餅を焼いていたところ、娘と夫がずっと後ろに立って、お餅が膨れていくのを楽しそうに見ていました。

その後、醤油をつけて……。 いわゆる磯辺巻きを作ったところ、二人が、「食べたい!」と騒ぎました。

 

海苔も好き嫌いが別れる食べ物ですが、我が家は大好物。

(大人はスシのイメージがあるからか喜んで食べてくれますが、子供が嫌がったりします。)

 

おそるおそる食べ始めると、なんと、「美味しい!!」と言い始めました。

じゃあ結局の所、「餡子」が苦手?(笑)

ですが、あのお餅独特の伸びるのが苦手なんだそうです。

 

 

また、基本フランス人は、『野菜』が苦手な人が圧倒的に多い気がします。(特にトマト)

かくいう我が夫も、玉ねぎが嫌いだったそうで、私の料理にことごとく玉ねぎを入れた所、食べられるようになりました。

これは娘たちも一緒。

最初は、オムレツに玉ねぎを入れることを、頑なに拒んでいた下の娘ですが、今では、「玉ねぎいっぱい入れて!」と言います。

 

レストランは別として、一般家庭ではそれほど多種多様な野菜料理を作らないというか、くたくたに煮るのが基本。

 

ですので、初めて野菜のかき揚げを作った時、大喜びされました。

今まで、私の知り合いのフランス人で、野菜のかき揚げが食べられなかった人はいません。(大人の中で)

 

また、日本の子供に人気な食べ物。

例えば、コロッケや唐揚げなんかは大人気。

意外なことに、ハンバーグは苦手な人もいます。

 

料理2

 

 

親子丼やカツ丼も基本的には喜ばれますし、我が家は三色丼も大好きです。

そう考えると、子供の好きなものを作るのが一番無難な気がします。

 

最後に、デザート。

 

とにかく万人受けしたデザートはシフォンケーキ

出来上がりはイマイチの写真ですが、オリジナルレシピで作ったものです。

サラダオイルの量を半分ほどにして、オレンジの香りのグレープシードオイルで焼いたもの。

これを出すと、お客様がお持ち帰りしてくれます。

パリでなら買えるそうですが、田舎ではまだまだこの触感は知られていないので喜ばれます。

 

シフォンケーキ

 

毎回、いろいろと試していますが、やはり日本食は大喜びされますので、日々フランス人が食べられる料理を研究中。

みなさんも、何かいいアイデアがあったら教えてくださいね!

 

 

みなさん、コチラもお忘れなく!

↓↓↓

top_lessons-session2

 

 

◇フランスの写真を販売して欲しいという声にお応えして、M&Mにて、写真素材を提供販売しています。

フランスのブロカントの様子やフロマージュ、ぶどう畑などフランス商材を扱われている方に

ぴったりな写真を徐々に増やしていきますので、

ご興味のある方は、一度ご覧になってみてくださいね!

↓↓↓

木蓮の写真コーナー

 

 

 

◇ M&M Collectionの新着情報や、楽しいお知らせが届きます。

◇ コメント・ご要望・お問い合わせなど、どうぞお気軽に
  お寄せください。^^   クリック ↓↓↓

MMマーケ用コラムバナー1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket