ひねくれもののフランス人

著者:木蓮
それでもあなたは、フランスに住んでみたい?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Crumble aux pommes

『フランス 小さな村を旅してみよう!』の木蓮です。

 

今日はまず質問から。

『みなさんは、ブラックジョークについて、どれくらい耐性がありますか?』

 

私は関西人なので、比較的ブラックジョークに強く、少々のことなら聞き流すことができるほうだと思っています。

実際にフランスに住んでいる日本人は、人口比率から見ても、関東の方のほうが多いらしいのですが、『フランスって関西人多いよね。』とか、『フランス人と関西人って相性がいいよね。』と、話に出てくることもしばしば。

普段から、いわゆる「つっこみ」に慣れているからか、少々フランス人に何か言われても気にしません。

 

先日、夫と親子丼を食べていた時のことです。

夫は食べるなり、「Pas mauvais……。」(悪くないね。)

そう言って、ガツガツ食べはじめました。

 

フランス語会話集やテキストを見ると、相手に美味しいと伝えるためには、「C’est bon !」とか、「C’est délicieux!」(美味しい)と書かれています。

ですが、この言葉。

レストランに行った時やよほどの時しか聞かない気がするのです。

 

もちろん、「うちの家族は、いつでも、『美味しい!』って言ってくれます!」という方も、中にはいらっしゃるかもしれませんが、うちの夫だけじゃなく、フランス語の先生や友人達も全く同じ。

何かを味見したり、カフェやビストロでお茶をしていると、たいてい「Pas mal……。」(わるくないわ)と、勧めてくれます。

 

レストラン

 

本にはあまり書かれていませんが、実はこれって、「美味しい」ってことなんですよね。

malも、mauvais(どちらも悪いという意味)も、それこそhorrible(ぞっとする)も、pasという否定形で打ち消し、なんでも「悪くないね。」という表現に変えてしまうフランス人。

素直に、「美味しい」って言えばいいのに、素直じゃないな……と、思ってしまいます(笑)。

(*ちなみにこのPas 〇〇の表現はちょっと砕けていて、ファミリアルな話し方。)

 

ですが、そのことを知らない方にしてみれば、「悪くはない=それほど美味しくない」と捉えることがあり、「せっかく一生懸命作ったのに……。」と、ショックを受ける人もいるそうで、こればかりはフランス人気質を学ぶ必要があります。

私の場合、ガツガツ食べてる夫や娘たちを見て、「美味しいんだろう」と、最初から超ポジティブに捉えていたのは内緒ですが。

 

外国人と話す

 

 

 さて、次にナイーブな方にとって辛いのが、フランス人のブラックジョーク。

 

例えば、私のフランス語発音の「Je(ジュ)」が、夫には「ズ」に聞こえるらしく、これをしつこく真似る、真似る!!

フランス語の先生や友人達に、「私、ほんとに「ズ」って言ってる?」と、何度も聞いたのですが、みんなは、「ちゃんと言えてるよ。」と言うばかり。

 

ですが、あれだけしつこく言われるということは、きちんと発音できていないのだろうと、時々気をつけて練習するようになりました。

実際、本当のことを言えるのは、夫と娘ぐらいでしょうしね。

こちらにしてみれば、必死で母国語以外の言葉を話しているのに、それをずっとからかわれるのは、正直腹が立ちます。

 

ですが、ある時気づいたのです。

例えば、スペイン語話者は、「R」が入ると、巻き舌で独特の発音をするのですが、私はいつもそれを可愛いなと思って、時々真似していました。

その時、「あっ、そうか!」と、思ったわけです。

 

私にとって可愛く感じるそのクセも、もしかすると彼女にとっては好ましくないのかもしれない。(実際には全く気にしてないようでしたが)

もちろん私だって、最初の頃はうまく発音できないことをからかわれ、傷ついてみたりもしましたが、いつの間にやら、「それも個性」と、すっかりいいように捉えるようになりました。

実際、初めての方と会話していても、そのうち私の癖を見抜き、きちんと理解してくれます。

 

もちろん、いつかは発音矯正に通わなくてはと思うのですが、今はまだまだどんどん会話する時期だと思い、誰とでも話すようにしています。

バカにされるのを怖がっていたら、いつまで経っても、話せるようになんかならないと思ったわけです。

 

このフランス人のブラックジョークについては、書きだすときりがなく、傷ついた人達もたくさん知っています。

ですが、この文化に慣れないとフランス生活は正直苦しいものだと思っています。

 

 

さて、もう一度聞きます。

みなさんは、ブラックジョークに耐性があるほうですか?それとも、すぐに傷つくほうでしょうか?

フランスで住めそうですか?

 

みなさん、コチラもお忘れなく!

↓↓↓

top_lessons-session2

 

 

◇フランスの写真を販売して欲しいという声にお応えして、M&Mにて、写真素材を提供販売しています。

フランスのブロカントの様子やフロマージュ、ぶどう畑などフランス商材を扱われている方に

ぴったりな写真を徐々に増やしていきますので、

ご興味のある方は、一度ご覧になってみてくださいね!

↓↓↓

木蓮の写真コーナー

 

 

 

◇ M&M Collectionの新着情報や、楽しいお知らせが届きます。

◇ コメント・ご要望・お問い合わせなど、どうぞお気軽に
  お寄せください。^^   クリック ↓↓↓

MMマーケ用コラムバナー1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket