いくら使っても減らない♥ドライフラワーとアンティーク小物のリース制作

著者:堀野 まり
M&M 使用例の作り方ハウツー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ドライと小物のリース

今回のハウツー「いくら使っても減らない♥ドライフラワーとアンティーク小物のリース制作」のサンプル画像は、たくさんの行程を経て出来上がっています。
大変ですが難しい作業は無く、基本的なフォトショップの操作さえ理解していれば、根気があれば作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。かなり強力なフォトショップの練習&復習になります♪

 

1 こちらのコラージュで使用している素材は、下の画像からM&Mコレクション素材ページにリンクしていますので、全てダウンロードでご用意いただけます。

M&M コレクションの素材を使って、上のようなコラージュを作成します。
Adobe Photoshop Elements(フォトショップ エレメンツ)を使用しながら、下記にピックアップした素材を使って、どんな手順で制作するかをご紹介いたします。

まず、素材を用意しましょう。
直接販売ページにリンクしていますので、すぐお手元にダウンロードできます。

 

2 ベースになる円を描きます。

M&M_ドライと小物のリース_img01

 

【2-1】
土台になるラベンダーのリースを作ります。
今回は大作ですので、大きめサイズに設定していきましょう。
新規ファイルを幅・高さ共3500px、解像度は150、カンバスカラーは透明に設定します。
レイヤーには「ベース」と名前をつけます。その上に新規レイヤーを作り「白ベース」と名前を付け、全体を白に塗りつぶします。

【ポイント】細かい作業の場合、背景が白いと作業がしやすいので、いつでもレイヤーの表示・非表示が可能な「白ベース」レイヤーを作っておきます。

【2-2】
「白ベース」レイヤーの上に新規レイヤーを作り、名前を「円」レイヤーとします。
楕円形選択ツールでoptionキー+shiftキー(WinはAltキー+shiftキー)を押しながら、画像の中心から広がる正円を上の見本画像くらいの大きさで描きます。
このままではただの選択範囲なので、円に3pt(ポイント)で黒のラインを設定しましょう。
上部メニューの「編集」から選択範囲の境界線を描くで、線を3、カラーを黒、位置は中央で設定します。

 

3 リース材料を準備します(ユーカリ、ラベンダー)

【3-1 ユーカリ】
ユーカリは6本が束ねられた画像なので、1本ずつバラバラにしていきます。
「dried-eucalyptus_02」画像を開きます。
なげなわツールでだいたいでいいので1本選択し、コピー。
新規ファイルのクリップボードからの画像を選択。コピーしたユーカリが表示されます。

M&M_ドライと小物のリース_img02

M&M_ドライと小物のリース_img03

 

【3-2】
あとは消しゴムツールなげなわツールでいらない所を消し、消しておかしくなった箇所はコピースタンプツールで修正して仕上げましょう。残りのユーカリも同じ手順でバラバラにします。

M&M_ドライと小物のリース_img04

 

【3-3 ラベンダー】
ユーカリと同じ手順で、固まりのラベンダーの画像を1本1本バラバラにしていきます。

M&M_ドライと小物のリース_img05

 

【3-4】
コピーしたラベンダーを消しゴムツールなげなわツールコピースタンプツールで修正して仕上げます。残りのラベンダーも同じ手順でバラバラにします。
見本では13本のラベンダーを作りました。

M&M_ドライと小物のリース_img06

★バラバラにする行程を省きたい方には、バラバラにした「ユーカリ」「ラベンダー」素材をご利用ください。
ユーカリ素材ページ
ラベンダー素材ページ

 

4 ラベンダーを「円」に沿って配置していき、ある程度の大きさの固まりを作ります。

【4-1】
バラバラにしたラベンダーをちょうどいい長さにカットします。

M&M_ドライと小物のリース_img07

M&M_ドライと小物のリース_img08

 

【4-2】
それぞれのラベンダーの角度を変えたり、反左に右転させたりしていろいろな形に見せながら、「円」に沿って配置していきます。

M&M_ドライと小物のリース_img09

 

【4-3】
レイヤーの数がどんどん増えていきますが、レイヤーを複製、あるいは1本のラベンダー画像からコピペしながら、ある程度の固まりになるまで重ねていきます。

M&M_ドライと小物のリース_img10

 

5 ラベンダーの固まりを新規ファイルに保存します。

【5-1】
ラベンダーの固まりをコピーしたいので、まずは固まり全体の大きさを計るために長方形選択ツールで固まり全体を選択します。
新規ファイルを開きOKをクリックすると、ラベンダーのサイズで新しい画面が開きます。移動ツールで作ったラベンダーのレイヤー全てを選択&つかんで、新しく今作った画面の上に持っていきます(レイヤーごとコピーされます)。 

M&M_ドライと小物のリース_img11

 

【5-2】
コピーされたレイヤーは全て統合して1つのレイヤーにします。 

M&M_ドライと小物のリース_img12

 

6 統合したラベンダーを元のラベンダーの下に配置していきます。

【6-1】
先ほど別ファイルで統合したラベンダーをコピーし、元のラベンダーの下にペーストして配置します。レイヤー名は「ラベンダー固まり2」とします。移動ツールで「ラベンダー固まり2」レイヤーを選択し、円に沿って回転させましょう。

【ポイント】ひとつめのラベンダーの固まりのレイヤーは、後で全体の微調整の時にレイヤーを複製して使うので、そのままレイヤーがたくさんある状態でおいておきましょう。

M&M_ドライと小物のリース_img13

 

【6-2】
「ラベンダー固まり2」レイヤーを2回複製し、「ラベンダー固まり2」レイヤーの下に移動します。名前を「ラベンダー固まり3」「ラベンダー固まり4」とします。画像は「ラベンダー固まり2」の真上に重なっているので、移動ツールで動かして円に沿って配置していきます。

M&M_ドライと小物のリース_img14

 

7 ラベンダーの固まりから、様々なパーツを作ります。

【7-1】
(5)で先に作った統合したラベンダーの固まり画像ファイルの全体の大きさを、切抜きツールでかなり大きくします。ラベンダーレイヤーの下に新規レイヤーを作り「白ベース」と名前を付け、全体を白に塗りつぶします。
固まりのラベンダーレイヤーを複製し、空いた場所に移動させます。
なげなわツールで違和感の無いように3分割するように、まずは3分の1を選択し「編集」よりカット。すかさずペーストするとカットした部分が張り付きます。
残りの3分の2も半分ずつカット&ペーストし、3分割したパーツにしましょう。

M&M_ドライと小物のリース_img15

 

【7-2】
3つに別れたパーツをさらにレイヤー複製で6つにします。
新たに増えた3つを、「イメージ」→「回転」レイヤーを上下に反転します。
さらに3つを複製して同じ要領でレイヤーを左右に反転します。このように、小分けしたパーツの向きを変えながらパーツを増やしていきます。

さらに元の3分割したものを複製して、それをなげなわツールで違和感の無いように半分選択。
「編集」よりカット&ペーストで3個から6個に増やし、上記の要領で上下左右に反転してパーツをどんどん増やしていきます。

M&M_ドライと小物のリース_img16

 

★分割する行程を省きたい方には、バラバラにした「ラベンダー」素材をご利用ください。
ラベンダー素材ページ

 

8ラベンダーリースのボリュームをさらに出していきます。

【8-1】
リースのラベンダーに、先ほど小分けしたラベンダーをコピー&ペーストしてボリュームを出していきます。

M&M_ドライと小物のリース_img17

 

【8-2】
上に配置していくよりも、下にどんどん配置していくと美しくしあがります。
そこそこのボリュームになったら「円」レイヤーを削除しましょう。

M&M_ドライと小物のリース_img18

 

【8-3】
この元データーはこのまま置いておき、別名で保存して新しく保存したリースを1つのレイヤーに統合、レイヤー名を「ラベンダー」とします。
この上に(下にも)ユーカリやオレガノ、赤い実などを追加していくので、ベースのサイズを大きくしておきます。「イメージ」→「サイズ変更」→「カンバスサイズ」を選択。変更後のファイルサイズを幅・高さ共に5025pixelとします。
「白ベース」を移動ツールで選択し、バウンディングボックスを引っ張って白のベースのサイズを合わせます。

M&M_ドライと小物のリース_img19

 

9 黒いリボンをイラストより抽出し、リースにからめます。

【9-1】
「hydrangea_pearl-necklace」(アジサイとパール&黒リボンの素材)を開きます。
★「hydrangea_pearl-necklaceイラスト」バージョンもあります。
(今回制作に使用したのはこちらのイラストバージョンです)

「hydrangea_pearl-necklace」をコピー&ペーストでリースの上に置いてみます。
どのように配置すれば絡まったように見えるか考えます。

M&M_ドライと小物のリース_img20

 

【9-2】
そのままリースの上に配置した「hydrangea_pearl-necklace」の画像からでもいいですし、「hydrangea_pearl-necklace」の元のデータの画像上でもいいですので、アジサイとパールの部分を消去してリボンだけにし、欠けている箇所はコピースタンプツールで修正しておきます。

M&M_ドライと小物のリース_img21

M&M_ドライと小物のリース_img22

M&M_ドライと小物のリース_img23

【ポイント】リボンに重なったアジサイやパールの部分は、投げなわツール自動選択ツールなどで選択して、スポイトで吸い取ったリボンのカラーをその選択範囲に塗りつぶしツールで流し込みます。

 

【9-3】
必要な箇所のリボンを必要なぶんだけ複製しながら、あたかも繋がっているかのように見せていきます。リボンが完成したら、上下感を出すためにレイヤーのスタイル設定よりドロップシャドウをかけておきましょう。(見本の設定は角度0、サイズ86、距離0、不透明57)

M&M_ドライと小物のリース_img24

 

10  ユーカリの葉っぱを配置して行きます。

【10-1】
まずはユーカリの葉っぱをリースの下に配置します。後からでも全体のバランスを見て入れられるので、今はおおよそのイメージに近づく感じで配置します。

M&M_ドライと小物のリース_img25

 

11  オレガノを配置していきます。

【11-1】
「dried-flower3」を開きます。
★「hdried-flower3イラスト」バージョンもあります。
(今回制作に使用したのはこちらのイラストバージョンです)

ユーカリやラベンダーのように、オレガノも使いやすいようにアレンジしておきましょう。
1本のオレガノから大きな固まりや、小さい固まりをレイヤーに分けます。分けたレイヤーを複製して、小さな固まり同士を合体させて増やしていきます。

M&M_ドライと小物のリース_img26

 

【11-2】
まずはリースの上に、オレガノの大きな固まりをバランスよく要所要所に配置していきます。
その後で小さなオレガノの固まりを自然になびくように配置していきます。

m&M_ドライと小物のリース_img27

 

12  オレガノとユーカリをリボンから見え隠れさせます。

【12-1】
リボンのまわりのオレガノやユーカリは、上手に見え隠れさせることで、リボンの立体感が増します。

M&M_ドライと小物のリース_img28

 

【12-2】
リボンの輪っかをくぐり抜けて飛び出すオレガノを演出したい場合は、リボンの輪っかのレイヤーよりも上にオレガノを配置し、リボンの輪っかの下の部分に乗っかっているオレガノの部分を消すことで、リボンの輪っかの中からオレガノが飛び出しているかのように見せることができます。

M&M_ドライと小物のリース_img29

 

13  全体のバランスを見ながら、ユーカリとオレガノを増やしていきます。

【13-1】
オレガノはリースの上だけに入れているので、今度はリースの下から見えるように配置しましょう。ユーカリも同様に、今はリースの下だけに入れているので、今度はリースの上に乗っかっているオレガノの上や下に配置していきます。

【ポイント】まんべんなく配置するとバランス的に均一で人工的なおかしな感じになるので、配置する場所はよく考えて置いていきましょう。ここは作る人の個性を出すところなので、好きなイメージで良いと思います。

M&M_ドライと小物のリース_img30

 

14  赤い実を入れていきます。

【14-1】
「たくさんの赤い実 ペッパーベリー 2点セット」を開き、大きな固まりと小さな固まりのレイヤーに分けておきます。
まずは、リボンにからませるように赤い実を配置していきます。リボンレイヤーの上や下を上手に利用して、リボンから見え隠れさせます。また、ラベンダーリースの下にも配置して、リースの裏からもちらりと見えているように演出します。

M&M_ドライと小物のリース_img31

 

【14-2】
華やかに見せるため、あと2箇所ほど、赤い実の島をつくります。

【ポイント】赤い実が入ると、たとえ画像であっても重さで傾いて見えたり、リースがいびつな形に見えたりします。そのへんのバランスも見ながら、不自然にならないように配置していきましょう。

M&M_ドライと小物のリース_img32

 

15  ラベンダーをリースの下に1本ずつ差し込んで全体のバランスを整えます。

【15-1】
ラベンダーをリースの下からのぞくように、要所要所に1本ずつ差し込んで全体のバランスを整えます。

【ポイント】このときリースの形や、配置した花や実の重力のバランスなども、1本ラベンダーを差し込むだけで調整されたりしますので、丁寧に仕上げていきましょう。

M&M_ドライと小物のリース_img33

 

16  次はリースの上にラベンダーを1本ずつ配置していきます。

【16-1】
リースの下にラベンダーを1本ずつ配置したら、次はリースの上に配置していきます。

【ポイント】この場合の目的は全体のバランスを整えるというより、より自然に見えるように仕掛けることです。ぴょこんと飛び出すラベンダーが見えると、とっても可愛いですよね。そんな感じも画像上で表現しましょう。

M&M_ドライと小物のリース_img34

M&M_ドライと小物のリース_img35

M&M_ドライと小物のリース_img36

M&M_ドライと小物のリース_img37

 

17  蝶を配置してドロップシャドウをかけます。

【17-1】
蝶の画像を開いてリースの画像の方ににコピペしドロップシャドウで影をつけます。

【ポイント】蝶は一番上にいるはずなので、影もくっきりではなく、ぼやけ気味にすることで高さを表現できます。

M&M_ドライと小物のリース_img38

 

18  背景写真にリースを飾ります。

【18-1】
今回はM&Mのアトリエの窓辺の写真を水彩画風にしたものを背景に使いました。元の画像から色調補正で、眩しいくらい朝日が入り込んだ明るい印象の窓辺に調整し、窓の高さも加工で作って延ばしています。

【ポイント】画像加工や色調補正はアート作品として表現するには必要な知識とテクニックとなりますので、M&Mでは認定講座としてレッスンを行なっております。
★M&M認定講座「フォトデザイニング(画像デザインコース 全6回)」


M&M_ドライと小物のリース_img39

 

【18-2】
窓にリースを飾ったようなイメージにします。
リースは真ん中に配置せず、あえてトリミングで切れる感じにすることで、とって付けたような印象を薄くします。背景の写真が光に溢れて白いので、リースの色の濃さを少し薄くします。今回は不透明度を少し下げて、リースを背景になじませることにしました。

【ポイント】やりすぎると下の画像が透けて見えるので注意。

M&M_ドライと小物のリース_img40

 

19  リースの下にアンティークペーパーを入れます。

【19-1】
アンティークペーパーはそのままでは茶色っぽいので、ホワイトアンティーク調に色調補正をします。使った効果はレベル補正、レンズフィルター、色相彩度などです。レンズフィルターは2度程かけて好みの色合いに調整してもOKです。

【ポイント】レベル補正、レンズフィルター、色相彩度などの細かなテクニックを使った色調補正や画像加工を、M&Mでは認定講座としてレッスンを行なっております。
★M&M認定講座「フォトデザイニング(画像デザインコース 全6回)」


M&M_ドライと小物のリース_img41

 

【19-2】
実際に背景とリースの間に入れてみます。レイヤーを複製してもう一枚上に重ね、少しずらします。2枚一緒に選択し、角度を調整しましょう。
光が射し込む窓辺にあることから、不透明度を下げてもう少し紙を透けさせます。こちらもやりすぎると下が必要以上に透けすぎて見えるので注意。

M&M_ドライと小物のリース_img42

 

20  英文フォントを配置して完成。

【20-1】
今回はMコレの素材の中から、素敵な言葉シリーズ「素敵な朝1」ブラックを使用します。可愛らしく流れるような英文フォントで休日の楽しさを表現したものです。

【ポイント】文字を素敵にメッセージともに作るのは、なかなか難しいですが、M&Mでは認定講座としてフォントに特化したレッスンを行なっております。
★M&M認定講座「フォント使い・文字入れを極めるコース(全5回)」


こちらは貼付けるだけの完成品ですので、コピペで背景画像の上に持ってきたら、後はどこに配置するか場所を決めます。場所を確定したら、蝶を複製し、小さく縮小してフォントの側に配置します。

M&M_ドライと小物のリース_img43

 

ドライと小物のリース

完成!

 

M&Mコレクションには、この他にも様々なお花やグリーン素材、可愛くてお洒落な小物や、シックでエレガントな家具などの素材が毎日続々とアップされています。
M&M デザイン素材・コラージュ素材 
今回のフラワーデザインにも応用可能ですので、ぜひいろいろな素材でコラージュやイラストをお楽しみくださいね!

 

◇ M&M Collectionの新着情報や、楽しいお知らせが届きます。

M&Mメルマガ登録バナー

とっておきの素材たち

 

お申し込み受付中の講座一覧

 

テクニックを学ぶための講座&レッスンのご案内

このようなコラージュ加工は、Photoshop(フォトショップ )や、Photoshop Elements(フォトショップエレメンツ)などの画像編集ソフトで簡単に行えます。

また、M&M コレクションの素材を利用してのチラシ制作のレッスンお洒落でかっこかわいいカード&チラシを作る!レッスン」や、コラージュの作り方レッスン「コラージュ 2Day レッスン」もございます (コラージュ素材をたくさんお持ち帰 りいただけます)。

さらに素材から作れるようになりたい! デザインに興味がある! という方は、「イラストレーター基礎〜初級」をご受講ください。

数に限りはありますが、PC(Windows)の貸出しサービスもございます。

使用例のようなコラージュ制作を身につけるための、おすすめ講座

■ フォトショップ・エレメンツによる写真加工レッスン(基礎〜初級まで)
■ コラージュ 2Day レッスン
■ お洒落でかっこかわいいカード&チラシを作る!レッスン
■ イラストレーター基礎〜初級コース
■ フォトショップ CC 基礎〜初級コース

■ PC 貸出お申込み 1dayレッスン用
■ PC 貸出お申込み 認定コース用
■お問い合わせ(疑問点など、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket