フォトデザイニング(画像デザインコース)とは?(フォトショップ・エレメンツ講座受講必須)

著者:堀野 まり
デザインを学んでデザインに対する発想を変えよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
M&Mフォトデザイニング
M&Mでは画像加工ではなく、画像デザインをお伝えしています。
自分が表現したいもの、伝えたいこと。
それらはカメラだけで表現することが
必ずしも絶対ではない、とM&Mでは考えます。

最終的にカメラも含め自分の持つあらゆる技術で、
自分の表現したかったとおりに完成させる。
そのデザイナー的表現テクニックを学びます。

 

撮影した何十枚、何百枚の写真の中から1枚を選ぶ
ところからフォトデザイニングは始まっています。

たった1枚の写真を選ぶにも、考え方と法則があります。
全ては自分の持つ表現したいイメージを形にするための、外せない大切なプロセス。
M&Mでは1枚を選ぶための理論から丁寧にわかりやすくお伝えしています。
それらを知ることで、今度は撮影するときの思考が変わります。
つまり、驚く程のスピードで、あなたの写真が素晴らしく変っていくという
サイクルを手に入れられるのです。

M&Mフォトデザイニング

 

M&Mが伝えるのは「表現力」。
それはあなたの財産とも言うべき、
眠っていた資質を掘り起こすこと。

おおげさだと思われますか?
M&Mは真剣に、それは財産だと言い切ることができます。
自分だけが持ち得る、自分だけの「表現力」。
それを形にできる方法論とテクニックがあれば、ビジュアルで届けたい思いやメッセージを表現できる。
それは見る側の「心を掴む」と同義語です。

フォトデザイニング(画像デザインコース)では、トップデザイナーが長年の実践の中で
身につけた様々な表現方法をフォトショップエレメンツを用いて、
初心者にも分りやすく、じっくりと丁寧に学んでいきます。
誰でもそこそこキレイな写真が撮れる今、フォトデザイニングを学ぶことで、
確実に他者よりも時代の先を進むことができるでしょう。

M&Mフォトデザイニング(画像デザインコース)

コース内容

【第1回】
1.素敵な写真、お洒落な写真の
見るべきポイントを掘り下げる
  ・お洒落感はどこにあるのか? 新しさ、世界感、空気感、バランス
  ・メッセージを込めて、それを伝える。
  ・その場の空気感や臨場感、感動を伝える。
  ・写真を素材として考える。
  ・デザイン性を持った、表現方法を使って、さらなる魅力を写真に加える。
  ・情報量の調整。
2.どうやって、その感動やメッセージを伝えるか
  ・見ることと写真との違い。
  ・自分の素敵と感じたポイントの掘り下げ方、伝え方。
  ・写真の撮りかた。
  ・写真のセレクトについて。
  ・写真の仕上げ方。
3.フォトデザイニング 練習課題と実践
  ・【課題1】見たままの感動を伝えるシンプルだけど確実な方法。
  ・【課題2】 たった一手間で見違えるほど生き生きとした写真にする。

【第2回】
1. 季節感を表現したい
  ・季節感とその感覚は自分の体が知っている
  ・色
  ・光
  ・影
  ・湿度
  ・空の高さ
  ・セレクトするもの
  ・世界観・雰囲気・空気感等
2.フォトデザイニング 練習課題と実践
  ・【課題1】季節感やその土地のイメージを表現する。

【第3回】
1.世界観、雰囲気を表現する。
  ・広がり、開放感
  ・時の流れ
  ・間を生かす
  ・質感
  ・湿度
  ・楽しさ
  ・個性・主張
2.覚えておきたいひとつ上のフォトショップ・エレメンツ機能
  ・調整レイヤーとマスク機能を覚えよう
3.フォトデザイニング 練習課題と実践
  ・【課題1】時間の流れる速度と、現在と過去の時空を表現する。

【第4回】
1.様々なテイストをどう表現していくか
2.洋書で見る様々なテイストの表現
3.フォトデザイニング 練習課題と実践
  ・【課題1】アンティークな表現を学ぶ。

【第5回】
1.コラージュとは
2.コラージュ作品構築手順
  ・伝えたいことの方向性を決める
  ・方向性に沿ってデザインを考える
  ・材料を集める
  ・写真・素材の選択
  ・コラージュする
3.フォトデザイニング 練習課題と実践
  ・【課題1】日常をコラージュする

【第6回】
1.第1回〜第5回 覚えておきたいポイント・復習
2.最後のスパイスで一つ上の表現力
  ・光と影
  ・ニュアンス
  ・質感
  ・しっとり感
  ・時間の流れ1
  ・時間の流れ2
  ・ノスタルジー
  ・汚す
  ・焼く
  ・削る
  ・乗せる
  ・アンティーク加工1
  ・アンティーク加工2
  ・光の白
  ・重ねる
  ・コントラスト
  ・トリミング
  ・フォント
3.フォント講座では何が得られるの?
4.フォトデザイニング 練習課題と実践
  ・【課題1】フォントを使ったデザインとクリッピングマスク。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*