巴里色。Voyage à Paris vol.3

著者:堀野 まり
M&M デザインの現場から。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
M&M_Moodboard

パリがなぜ好きか考えてみた結果
色にかなりの比重で惹かれていることがわかった。

M&Mデザイナー ほりまりです。

パリから帰ってひと月弱たちますが、
「日に日に思いは募る」とはまさにこのこと。
気が付くと思いは遙か、海の向こうの彼の地へと浮遊しています。

インスタグラムにパリ写真をちょっとずつアップしているので、
毎日「次はどの写真にしようか〜」と見てるせいもあるけど、
でも、それだけじゃない〜〜。
写真を見て振り返れば、たくさんの気付きと、
実際に見た光景とがリンクして、五感に蘇る、そんなイメージ。

M&M インスタグラム mm_branding_design
ほりまり インスタグラム horinomari

ほりまり_パリ写真 セーヌから見たパリの街。どの写真も計算され尽くしたとしか思えない完璧なトーンだった(無補正)。

ほりまり_パリのカラートン セーヌから見たパリの街のカラートーンを作ってみた。

 

この季節ならでは、ということもあるのだろうけど、
空と街全体がグレイッシュなトーンで緻密に構成された絵画のようで、
この国のパリという街に対する誇りと美意識の高さを感じずにはいられません。
日本は京都は別として、残念ながら持ち合わせていない意識だと思います。

「トーンを揃える」、言葉にするとこれだけです。
が、神様までが空の色を建物に合わせて色指定したのかと思ってしまうほど、
背景を含めた街全体でそれを実現することが、どれほど偉大なことか、
想像するだけでため息がでてしまいます。

 

違う年代の違う様式の建物が、同じトーンだったことが奇跡を見ているように感じたパサージュ。

東京でさえ、ほぼ95パーセント車で移動する私たちなのですが、
この日は2区のグラン・ブールヴァール駅付近からパレ・ロワイヤルの間にある
違う年代、違う様式の、いくつものパサージュを歩きました。

高いガラスの屋根が美しいパサージュ・ジュフロワから、
1800年に作られたという、ノスタルジックなパサージュ・デ・パノラマ、
そして何とも言いがたい美しさと趣きのあるギャルリー・ヴィヴィエンヌ、
そしてネオ・クラシックの直線的な装飾が美しかったギャルリー・ヴェロ・ドダなど
200年前の建造物がそのまま普段使いされていて、
しかもどのパサージュも奇跡のようにほぼ同じトーン。

 

M&M_パリ Parisのパサージュをいくつも歩いた。それぞれ違う年代、違う様式の建物なのに、カラーのトーンはほぼ同じ。

ほりまり_パリ_カラートーン パサージュのカラートーンを作ってみた。

 

当時のフランスの人々の美に対する感覚や意識を、
現代のフランス人はDNAとして生まれながらに受け継いでいるからこそ、
その価値がどれほどのものかをみんな確実に知っているに違いないわ。

数日の滞在で見たパリは本当にほんの一部でしかなく、
それでも何度も身震いする感覚になったことを思うと、
もっとパリやフランスという国のことを感じたいと思うのは当然。
何だろう、この人生を捧げてもいいかも感は….

M&Mデザイナー ほりまりでした。

ほりまりプロフィールはこの下〜 (*”ー”*)Love♪

【パリのお話】
刺激と感情をかき乱されにパリに行った。Voyage à Paris vol.1
パリ、巴里、Paris。Voyage à Paris vol.2

 

● ほりまりから直接学べるデザイン講座

デザイナーの考え方を具体的に学べる講座
デザインエッセンシャルズ コース(全5回)

デザイナーのビジュアル・テクニックを具体的に学べる講座
フォトデザイニング 画像デザインコース(全6回)

フォントを学ぶことで一気にプロっぽく!
デザイナーのフォントを使うテクニックを具体的に学べる講座
フォントを極めるコース(全6回)

デザインに欠かせないツール(1)
デザイナー的イラストレーター基礎~初級講座
イラストレーター基礎~初級講座(全6回)

デザインに欠かせないツール(2)
デザイナー的フォトショップCC 初級講座
フォトショップCC 初級講座(全6回)

 

メルマガ登録がまだの方はこちらからどうぞ♪
楽しい素材の画像付きメールや
最新の講座情報が
一般の方より早く手に入ります。 メルマガ登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*